株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本郵政---急伸、売出価格決定でショートカバー優勢に 10月26日14時14分

日本郵政<6178>は急伸。前日に株式売出価格が820.6円に決定した。前日は大引けにかけて売り圧力が膨らんでおり、本日はショートカバーの動きなどが優勢になっているとみられる。29日に受渡期日を迎えるため、需給悪化顕在化の余地は残すが、一方で、28日にはTOPIX、29日にはMSCI連動資金の買い需要が発生、11月1日からは1億3300万株を上限とする自社株買いも始まるため、一段の下値不安は限定的とも捉えられているようだ。

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »