株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オプティム---契約書AI解析・管理システムの特許が「令和3年度九州地方発明表彰」の文部科学大臣賞受賞 10月26日14時17分

オプティム<3694>は25日、契約書AI解析・管理システムの特許(特許第6290459号)が、令和3年度九州地方発明表彰において、「文部科学大臣賞」を受賞したことを発表。

「地方発明表彰」とは、全国を8地方に分けて実施しており、優れた技術やデザインを生み出した発明者、またはその実施化に尽力した人物を顕彰する。「文部科学大臣賞」はその表彰の一つで、発明者に授与される特別賞。

本発明は、契約に関する重要な情報を自動的に抽出し、ユーザーに、契約に伴うリスクを明示する契約書管理システムに関するもの。契約書の文書にAIなどを用いて解析し、契約に関する重要な情報をハイライト表示などでユーザーに明示。契約相手・内容などの観点でのリスクや、それらを考慮した総合的なリスクを明示する。
契約内容を管理システムなどに入力する手間が省け、管理工数を少なくすることができる。また、契約者は契約に伴うリスクを容易に把握することが可能となるとしている。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »