株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

レーザーテクが反発、今週半導体決算発表が相次ぐなかマーケットの注目度も上昇中◇ 10月26日09時08分

 レーザーテック<6920.T>が反発。ここ半導体製造装置の主力株に強弱観が対立しているが、米国株市場ではエヌビディア<NVDA>やザイリンクス<XLNX>が上値追い鮮明で上場来高値圏を走っているほか、一時急な調整に見舞われた半導体製造装置世界トップのアプライド・マテリアルズ<AMAT>も10月中旬以降戻り歩調にある。前日は半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も反発に転じており、東京市場では出遅れる半導体製造装置関連の押し目に買い向かう動きが観測される。ただ、今週はレーザーテクが29日に本決算、アドバンテスト<6857.T>が28日に上期決算発表を控え、マーケットでも注目されており、目先は方向感が定まりにくい。なお、21日に4~12月期の好決算見通しを発表したディスコ<6146.T>はその後上昇指向を鮮明としている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場に向けて=政局不安再燃も個別株で乗り切る
東京株式(大引け)=204円安、ハイテク株軟調も後場終盤下げ渋る展開
RSCがカイ気配スタート、原価管理徹底が奏功し22年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »