株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ステムセル研、再生医療分野で活躍期待 10月26日10時00分

 ステムセル研究所<7096.T>の5000円台近辺は買いで対処して面白そうだ。今年6月25日にマザーズ市場に上場したニューフェース銘柄。再生医療を目的とした臍帯血(さいたいけつ)及び臍帯の分離・保管を行う細胞バンク事業を展開しており、同社の新規保管件数シェアはほぼ100%に達している。臍帯血は難治性血液疾患の治療にも活用されているが、国内での臍帯血採取率は欧米と比較しても低く、それだけ今後の伸びしろが大きい。同社はニッチトップ企業として存在感を高めていくことが予想される。

 業績は22年3月期売上高が前期比21%増の17億600万円を予想し、営業利益は同2.3倍の2億円を見込んでいる。まだ利益は低水準ながら中期的な成長期待が強い。株価は短期的には10月20日の戻り高値である5500円どころを目指し、中期的には9月中・下旬に形成した高値水準である6500~6700円どころを視野に入れる可能性がありそうだ。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ベネ・ワンは底堅い展開、4~9月期見通しを上方修正
CINCの初値は3950円、公開価格を28%上回る
積水化は売り買い交錯、米国子会社の減損計上で上期は一転最終赤字に下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »