株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ソレイジア急伸、日本化と「ダリナパルシン」に関するライセンス契約締結◇ 10月27日09時28分

 ソレイジア・ファーマ<4597.T>が急伸、一時9.9%高の122円まで買われる場面があった。26日の取引終了後、同社が有する新規化合物ダリナパルシン(開発コードSP-02)について、日本化薬<4272.T>と国内における商業化などに関するライセンス契約を締結したと発表しており、これを材料視した買いが入ったようだ。

 ダリナパルシンは、再発・難治性の末梢性T細胞リンパ腫治療薬として開発を進めている医薬候補品で、6月に厚生労働省に対して製造販売承認申請を完了し、現在2022年中の当局承認と販売開始を目指している。今回のライセンス契約に関してソレイジアは今後、日化薬のがん領域における豊富な経験と強力な販売網を活用していく方針にある。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソレイジア、日本化と「ダリナパルシン」に関するライセンス契約締結◇
シマノが急反発、欧米や新興市場向け販売好調で今期3回目の上方修正
システムリサは大幅続伸、製造業向け案件の増加で上期経常を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »