株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反落、アジャイル、インバウTが売られる 10月27日11時33分

 27日前引けの東証マザーズ指数は前日比11.80ポイント安の1108.75ポイントと反落。値上がり銘柄数は95、値下がり銘柄数は264となった。

 個別では総医研ホールディングス<2385>、アンビション DX ホールディングス<3300>、アプリックス<3727>、ユーザベース<3966>、Kaizen Platform<4170>など14銘柄が年初来安値を更新。アジャイルメディア・ネットワーク<6573>、インバウンドテック<7031>、HENNGE<4475>、ENECHANGE<4169>、ブロードマインド<7343>は値下がり率上位に売られた。

 一方、弁護士ドットコム<6027>がストップ高。グローバルウェイ<3936>は一時ストップ高と値を飛ばした。データホライゾン<3628>、CINC<4378>、Macbee Planet<7095>は年初来高値を更新。ASJ<2351>、オンコリスバイオファーマ<4588>、アスタリスク<6522>、サイバートラスト<4498>、ジモティー<7082>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

【関連ニュース】
東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は5日ぶり反発、INCがS高
東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は5日ぶり反発、海帆、アイドマHDが買われる
明日の決算発表予定 日電産、キヤノンなど37社 (10月25日)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »