株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

FDKが3日ぶり大幅反落、上期営業利益の進捗率73%も通期据え置きで失望売り 10月27日10時52分

 FDK<6955.T>が3日ぶりの大幅反落となっており、一時は前日比10%安となる1035円まで下落した。同社は26日取引終了後に、22年3月期第2四半期(4~9月)連結営業利益が13億9200万円(前年同期比44.5%増)だったと発表したが、通期計画19億円(前期比9.0%増)に対する進ちょく率が73.3%であるにもかかわらず、通期見通しが据え置かれたため、失望売りに押されているようだ。

 電池事業のアルカリ乾電池、電子事業の液晶ディスプレイ用途向け各種モジュールの売り上げが減少したものの、電池事業のニッケル水素電池とリチウム電池、設備関連ビジネス、電子事業のモビリティ用途向け各種モジュールの売り上げが増加したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
27日中国・上海総合指数=寄り付き3589.8573(-7.7804)
トヨタが軟調相場で強さ発揮、1ドル114円台の円安が収益上乗せ要因に
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に田中化研


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »