株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トーメンデバは後場急伸し最高値、22年3月期業績及び配当予想を上方修正 10月28日14時01分

 トーメンデバイス<2737.T>は後場急伸し上場来高値を更新。午後1時ごろ、22年3月期の連結業績予想について、売上高を2900億円から4000億円(前期比32.3%増)へ、営業利益を43億円から77億6000万円(同55.3%増)へ、純利益を31億円から50億円(同45.1%増)へ上方修正し、あわせて170円を予定していた期末一括配当を240円(前期170円)へ引き上げたことが好感されている。

 上期において一部のメモリー製品の供給不足があったものの、全体では想定以上に物量を確保できたことに加えて、データセンター、パソコン向けメモリーの需要が拡大していることなどが要因。なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高2178億6200万円(前年同期比44.3%増)、営業利益59億200万円(同3.6倍)、純利益38億4800万円(同3.3倍)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
三菱電が続落、22年3月期業績予想を上方修正も反応は限定的
フジトミが一時13%高、小林洋行が株式交換により完全子会社化へ◇
大日本住友が一時16%安、営業利益が高い進捗率も通期据え置きで失望売り


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »