株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=吉野家HD、業績拡大基調で拾い場 10月29日10時02分

 吉野家ホールディングス<9861.T>に注目したい。牛丼チェーン吉野家などを展開する同社の足もとの業績は堅調だ。9月既存店売上高は前年同月比2.2%増と2カ月連続で前年実績を上回って推移している。

 10月13日に発表した第2四半期累計(3~8月)連結営業損益は7億2300万円の黒字(前年同期59億7000万円の赤字)となった。上期において緊急事態宣言の発令や期間延長の影響があったものの、コスト低減努力に伴い営業利益の大幅改善を果たした。22年2月期通期の営業損益は27億円の黒字(前期53億3500万円の赤字)を見込んでいるが、商品力の向上やスクラップ&ビルドによる損益分岐点引き下げの取り組みが進み業績の上振れも期待されている。

 株価は10月中旬に2300円台に上昇した後一服局面にあるが、来期以降も海外中心の出店加速で増益基調の継続が見込まれ、ここは拾い場とみておきたい。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
富士電機は大幅高、第2四半期営業益3.1倍で通期予想を上方修正
キーエンスは急動意で一時3700円高、4~9月期営業7割増益を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »