株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

29日のNY市場は続伸 10月30日09時55分

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;35819.56;+89.08
Nasdaq;15498.39;+50.27
CME225;28990;+210(大証比)

[NY市場データ]

29日のNY市場は続伸。ダウ平均は89.08ドル高の35,819.56ドル、ナスダックは50.27ポイント高の15,498.39で取引を終了した。9月個人消費支出(PCE)デフレーターや7-9月期の雇用コスト指数の上昇で、インフレ懸念が重しとなり寄り付き後、下落。昨日引け後に発表された携帯端末アップル(AAPL)やオンライン小売のアマゾン(AMZN)の決算が予想に満たず失望感から両社株が売られ全体指数を一時押し下げた。しかし、押し目買い意欲も強く、引けにかけて回復。下げを消し主要株式指数は史上最高値を更新し終了した。セクター別では自動車・自動車部品が上昇した一方で、テクノロジー・ハード・機器が下落。シカゴ日経225先物清算値は大阪比210円高の28990円。ADR市場では、対東証比較(1ドル113.95円換算)で三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ニコン<7731>、TDK<6762>などが上昇し、全般買い優勢となった。

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「NY市場・クローズ」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »