株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スパークス・グループ---2Qは2ケタ増収増益、運用資産残高及び残高報酬が増加 11月01日13時52分

スパークス・グループ<8739>は10月29日、2022年3月期第2四半期(21年4月-9月)連結決算を発表した。営業収益が前年同期比12.5%増の67.83億円、営業利益が同32.2%増の30.81億円、経常利益が同24.4%増の29.74億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同59.5%増の22.41億円となった。

同社グループの当第2四半期末運用資産残高は前期末比5.4%増の16,191億円となった結果、当第2四半期における残高報酬は同18.5%増の61.52億円となり、成功報酬は同31.6%減の5.12億円となった。営業費用及び一般管理費は、主に人員の増加及び営業利益増加に伴い賞与引当金の増加等による人件費が増加したものの、オフィス関連費用等が減少したことにより、結果として前年同期比と同水準の37.01億円となった。
2022年3月期通期の連結業績予想については、同社グループの主たる事業である投信投資顧問業は、業績が経済情勢や相場環境によって大きな影響を受ける状況にあるため将来の業績予想は難しいと認識している。なお、同社グループの重要な経営指標の一つである運用資産残高は、原則として毎月月初5営業日以内に、前月末速報値を別途開示している。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »