株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日ぶり反落、KDDIとダイキンが2銘柄で約35円分押し下げ 11月02日16時59分

11月2日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり45銘柄、値下がり179銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は3日ぶり反落。1日の米国市場でNYダウは3日続伸し、94ドル高となった。S&P500指数、ナスダック総合指数とともに連日で過去最高値を更新した。ただ、日経平均は前日に衆院選結果を受けて急伸しており、本日は利益確定売りが先行して184円安からスタート。前場には好業績銘柄が買われ下げ渋ったが、祝日や米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に持ち高調整の売りが出たほか、NYダウ先物の時間外取引での下落や円相場の上昇もあって、後場に一時29457.18円(前日比189.90円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比126.18円安の29520.90円となった。東証1部の売買高は11億8356万株、売買代金は2兆7777億円だった。業種別では、保険業、証券、非鉄金属が下落率上位で、その他も全般軟調。一方、空運業、海運業、繊維製品など4業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の73%、対して値上がり銘柄は25%となった。

値下がり寄与トップはKDDI<9433>となり1銘柄で日経平均を約20円押し下げた。同2位はダイキン<6367>となり、テルモ<4543>、オリンパス<7733>、協和キリン<4151>、ヤマハ<7951>、アステラス薬<4503>などがつづいた。

一方、値上がり寄与トップはTDK<6762>となり1銘柄で日経平均を約38円押し上げた。同2位は京セラ<6971>となり、ファーストリテ<9983>、ネクソン<3659>、リクルートHD<6098>、バンナムHD<7832>、富士フイルム<4901>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  29520.90(-126.18)

値上がり銘柄数  45(寄与度+123.02)
値下がり銘柄数 179(寄与度-249.20)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<6762> TDK            4485          360 +38.06
<6971> 京セラ          7151          362 +25.52
<9983> ファーストリテ    78990          290 +10.22
<3659> ネクソン         2088          139 +9.80
<6098> リクルートHD      7765           53 +5.60
<7832> バンナムHD       9180          146 +5.15
<4901> 富士フイルム      9069          135 +4.76
<8035> 東エレク        55230          120 +4.23
<4523> エーザイ         8273           89 +3.14
<6702> 富士通         20750          795 +2.80
<6724> エプソン         2022           27 +1.90
<6506> 安川電          5130           40 +1.41
<4507> 塩野義          7589           39 +1.37
<7751> キヤノン         2601         24.5 +1.30
<8002> 丸紅           1017           33 +1.16
<6758> ソニーG         13880           30 +1.06
<3382> 7&iHD           4992           25 +0.88
<4751> サイバー         1964           19 +0.54
<8233> 高島屋          1101           27 +0.48
<3402> 東レ           727.5         11.8 +0.42

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9433> KDDI           3415          -95 -20.09
<6367> ダイキン        25520         -445 -15.68
<4543> テルモ          5032          -81 -11.42
<7733> オリンパス       2494         -61.5 -8.67
<4151> 協和キリン       3580         -245 -8.63
<7951> ヤマハ          7240         -200 -7.05
<4503> アステラス薬     1924.5          -39 -6.87
<6988> 日東電          8830         -180 -6.34
<8015> 豊通商          5120         -160 -5.64
<4063> 信越化         20315         -145 -5.11
<9735> セコム          7791         -130 -4.58
<8697> JPX          2605         -126 -4.44
<1925> 大和ハウス       3647         -123 -4.34
<9766> コナミHD         6340         -120 -4.23
<6981> 村田製          8480         -139 -3.92
<2413> エムスリー       6654          -45 -3.81
<8031> 三井物         2560.5         -107 -3.77
<8830> 住友不          4076         -104 -3.67
<6902> デンソー         8257         -103 -3.63
<2801> キッコーマン      9610         -100 -3.52



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »