株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

双日が後場急落、22年3月期純利益予想を上方修正も物足りないとの見方が優勢 11月02日13時20分

 双日<2768.T>が後場急落。同社は午後0時30分に、22年3月期の連結純利益予想を530億円から700億円(前期比2.6倍)へ上方修正したが、あわせて発表した22年3月期第2四半期累計(4~9月)連結純利益394億4900万円(前年同期比4.3倍)との比較で、上方修正の幅が物足りないとの見方が優勢となっているようだ。上方修正は石炭などの資源価格が期初の想定を上回って推移しているためとしている。

 なお、中間配当を7円から9円へ、期末配当の見通しを35円から45円へ増額すると発表している。10月1日に5株を1株に株式併合したことを踏まえると、年間配当は実質的に14円から18円への増額となり、前期実績10円との比較では8円の実質増配となる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
2日の主なマーケットイベント
債券:国債買いオペ、「残存期間10年超25年以下」の応札倍率2.44倍
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »