株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 SCREEN、富士フイルム、タカトリなど 11月05日07時32分

銘柄名<コード>4日終値⇒前日比
ヤーマン<6630> 1405 +101
週初からリバウンドの流れが強まる展開にも。

SCREEN<7735> 11440 +480
ジェフリーズ証券では目標株価を引き上げ。

富士フイルム<4901> 9503 +434
通期業績・配当計画の上方修正を評価。

三井海洋開発<6269> 1605 -313
業績下方修正で経常損益は一転赤字見通しに。

三井E&S<7003> 486 -83
子会社業績下振れで通期予想を下方修正。

理想科学工業<6413> 2099 -357
通期業績予想を下方修正している。

船井総研HD<9757> 2807 -303
第3四半期決算発表で目先の出尽くし感が優勢に。

コニカミノルタ<4902> 512 -48
7-9月期営業赤字に転落で通期予想を下方修正。

ヤマハ<7951> 6650 -590
半導体不足の影響で想定外の業績下方修正に。

レノバ<9519> 4665 -355
決算発表を控えて換金売りが優勢にも。

花王<4452> 6247 -305
7-9月期は市場想定下振れで通期計画下振れ懸念。

良品計画<7453> 2183 -93
10月の既存店売上をネガティブ視も。

グリー<3632> 980 -55
メタバース関連として2日に急伸の反動。

大日本住友製薬<4506> 1560 -37
足元の決算内容をネガティブ視する動きが継続へ。

エアトリ<6191> 4030 -115
2日に他の旅行関連と同様に買い優勢となった反動。

テスホールディングス<5074> 2527 -79
9月高値更新で目先の達成感も強まる形に。

日本製鉄<5401> 2049.5 +34.5
上半期配当金引き上げや通期業績上方修正を好感。

理経<8226> 290 +19
株式新聞では注目銘柄に取り上げている。

タカトリ<6338> 1275 +136
パワー半導体向け加工装置で大口受注と。

キョウデン<6881> 579 +44
好業績評価による上値追いの動きが続く形に。

第一建設工業<1799> 2015 +25
上期予想を上方修正、営業利益は7.00億円から11.48億円に引き上げ。

ステムリム<4599> 543 -16
レダセムチドを含む新規HMGB1断片ペプチドに関する物質特許がカナダで登録。

アディッシュ<7093> 1540 +60
21年12月期予想の上方修正を受けて買いが先行。

プロルート丸光<8256> 208 -9
上期は1.65億円の営業赤字に転落して着地。

タメニー<6181> 100 -1
上期予想の下方修正発表も小動き。

アイドマ・ホールディングス<7373> 8710 +260
東証が4日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施へ。

HANATOUR<6561> 818 +18
第三者割当で新株166万株発行、15億円調達で需要回復に備え。

バーチャレク<6193> 1049 +91
サブスクアプリ導入支援でオプロと協業、顧客のビジネス転換支援。

メタリアル<6182> 1400 +184
同社などメタバース関連に引き続き物色。

サーキュレーション<7379> 4785 -325
4日は直近の株価急伸に対する利益確定の動きが優勢。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »