株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日水が一時6%高、22年3月期業績及び配当予想を上方修正 11月05日13時23分

 日本水産<1332.T>が後場急伸し、前日比5.5%高となる670円まで上昇する場面もみられている。同社は午後1時に、22年3月期連結業績予想について、売上高を6420億円から6730億円(前期比9.4%増)へ、営業利益を200億円から245億円(同36.1%増)へ、純利益を150億円から170億円(同18.1%増)へ、中間配当の増配により年間配当予想を9円50銭から11円へ上方修正しており、好感されている。

 あわせて発表した22年3月期第2四半期累計(4~9月)連結営業利益は138億6600万円(前年同期比2.0倍)だった。上期は新型コロナウイルスの影響を大きく受けた前期の反動需要もあり、海外の水産・食品事業に加え、国内水産事業が好調に推移した。国内養殖事業やチルド事業における体質強化も進みつつあることから、通期見通しを上方修正するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ベルパークが高い、12月末を基準日に1株を3株に分割へ
旭化成が後場下げ幅拡大、22年3月期業績予想を上方修正も材料出つくし
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »