株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大阪チタは大幅反発、上期営業損失の会社計画比での改善好感 11月08日13時52分

 大阪チタニウムテクノロジーズ<5726.T>は大幅反発。同社は5日取引終了後、22年3月期第2四半期累計(4~9月)営業損益が10億円の赤字(前年同期は9億7100万円の赤字)となり、会社計画の19億円の赤字との比較で赤字幅が改善しているため、これが好感されているようだ。通期見通しの34億円の赤字(前期は34億2500万円の赤字)は据え置かれた。

 為替相場が円安基調で推移したものの、一般産業用展伸材の需要が当初予想を下回ったことなどにより売上高は減少した。一方、営業損失は在庫評価の影響に加え、コスト合理化などにより当初の見通しよりも改善したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
信和が後場急伸、22年3月期業績及び配当予想を上方修正
リョービが後場上げ幅拡大、第3四半期営業赤字の縮小を好感
<個人投資家の予想> 11月08日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »