株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「デジタルトランスフォーメーション」が9位にランク、政府による科学技術立国推進で関心高まる<注目テーマ> 11月11日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 メタバース
2 仮想空間
3 半導体
4 旅行
5 脱炭素
6 再生可能エネルギー
7 半導体製造装置
8 宇宙開発関連
9 デジタルトランスフォーメーション
10 2021年のIPO

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「デジタルトランスフォーメーション」が9位となっている。

 岸田文雄首相は8日、2回目となる「新しい資本主義実現会議」を開催し、緊急提言(案)の議論が行われた。このなかで示された成長戦略では、デジタルトランスフォーメーション(DX)の成長を含めた科学技術立国の推進などが盛り込まれている。

 具体的には「デジタル庁による健康・医療・介護、教育などの分野におけるデータ利活用の推進」「DFFT(信頼性ある自由なデータ流通)の推進」「利用料の透明化によるキャッシュレス利用環境の整備」「コンテンツの利用拡大」が挙げられている。政府は今後、「デジタル田園都市国家構想実現会議」や「デジタル臨時行政調査会」などで検討を重ね、主要政策の実現を進める考えだ。

 企業のDX推進機運も依然として高く、直近ではデジタルホールディングス<2389.T>傘下のリテイギが産業廃棄物事業者のDXを支援する新会社を設立したほか、凸版印刷<7911.T>はDX事業での効率化などを目的にトッパン・フォームズ<7862.T>を完全子会社にすると発表。システムサポート<4396.T>は北國フィナンシャルホールディングス<7381.T>とDX人材育成に関する連携協定を結んだ。

 また、子会社を通じてB2C事業者向けにDX支援ツールを展開するUPBOND(東京都渋谷区)に出資したAI CROSS<4476.T>、地方企業のDX推進に特化したマッチング提案を行う「クラウドテックDX」の提供を開始したクラウドワークス<3900.T>、企業のDX推進を支援するパッケージプランの提供を始めたSBテクノロジー<4726.T>などにも注目したい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
凸版が3日ぶりに急反発、22年3月期経常利益予想を一転増益に上方修正◇
トッパンフォはカイ気配スタート、凸版が1株1550円でTOB実施◇
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にKeePer


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »