株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「メタバース」が1位にランク、5G普及で進化に拍車かかり市場規模も拡大へ<注目テーマ> 11月12日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 メタバース
2 半導体
3 仮想空間
4 脱炭素
5 旅行
6 宇宙開発関連
7 再生可能エネルギー
8 半導体製造装置
9 デジタルトランスフォーメーション
10 2021年のIPO

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「メタバース」が1位と人気づいている。

 「メタバース」とは「超越」を意味する「メタ」と、ユニバース(世界)の「バース」を結びつけた造語。定義は定まっていないものの、インターネット経由でアクセスできる共有の仮想世界空間を表す用語で、特にVR(仮想現実)やAR(拡張現実)技術を利用した巨大なデジタル空間を指すことが多い。仮想空間内では、利用者は自らのアバター(分身)を使って、現実世界のようにコミュニケーションをとったりゲームに参加したりするなど自由に活動できるほか、暗号資産(仮想通貨)を使ってデジタル資産を購入するといった経済活動も行える。

 今後、5Gの普及による通信スピードの加速で、メタバースは一段と進化するとの期待が高まっており、それに伴い市場規模も拡大が見込まれている。カナダの調査会社エマージェン・リサーチは、メタバースの市場規模が2020年に476億9000万ドルに達し、28年までの年平均成長率が43%になると予測している。

 メタバースに関しては、旧フェイスブックが社名をメタ・プラットフォームズ<FB>に変更し、ソーシャルメディア企業からメタバース企業への移行を目指すと表明するなど、海外の大手ネット企業も本腰を入れ始めており、今後日本でもメタバースを巡る動きが活発化しそう。なお、この日の関連銘柄では、シーズメン<3083.T>が急伸したほか、前日に22年3月期業績予想を上方修正したギークス<7060.T>も急騰。シャノン<3976.T>、ガーラ<4777.T>、IMAGICA GROUP<6879.T>なども大幅高している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ギークスが一時23%高、22年3月期業績予想を上方修正
東京株式(前引け)=334円高、ハイテク株など買われる
<動意株・12日>(前引け)=ネクストーン、大真空、石原産


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »