株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続伸、高値圏で引ける展開、業績・決算関連の物色活発 11月15日16時15分

 本日のマザーズ指数は続伸となった。朝方は買いが先行、その後一時マイナスに転じる場面も見られた。しかし、1135.75ptを安値として即座に切り返すと、上げ幅を順調に拡大。後場には一段高となるなど、終日強い値動きが継続し、きょうの高値圏で引ける格好だった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で2033.78億円。騰落数は、値上がり225銘柄、値下がり156銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、直近IPOのアスタリスク<6522>がマザーズ売買代金トップにランクイン。
直近IPO銘柄ではベイシス<4068>にも物色が向かった。また、22年6月期予想の大幅な上方修正を発表したブシロード<7803>、大幅増収で赤字幅が縮小した上期決算が材料視されたQDレーザ<6613>、好調な22年9月期見通しを示したプラスアルファコンサル<4071>、21年12月期予想の大幅な上方修正が評価されたMRT<6034>など、業績・決算関連の銘柄の物色が活発だった。その他、JTOWER<4485>、メルカリ<4385>、グローバルウェイ<3936>、ウェルスナビ<7342>、メドレー<4480>などが買われた。一方、市場期待に届かない見通しが嫌気されたHENNGE<4475>を筆頭にロボペイ<4374>やセーフィー<4375>などの下げがきつかった。その他、FRONTEO<2158>、日本電解<5759>、GMOフィナンシャルゲート<4051>、フリー<4478>、そーせい<4565>などが売られた。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »