株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スペースVHがS高カイ気配、ポラリスによるTOB価格1150円にサヤ寄せ 11月15日10時05分

 スペースバリューホールディングス<1448.T>がストップ高の1115円水準でカイ気配となっている。前週末12日の取引終了後、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ傘下の特別目的会社(SPC)であるPTCJ-2ホールディングス(東京都千代田区)が、同社株の非公開化を目指してTOBを実施すると発表しており、TOB価格1150円にサヤ寄せする格好となっている。

 非公開化により、経営改革の実行や事業の積極的展開に取り組むことで、業績回復及び再成長を図るのが狙い。買付予定数3359万9198株(下限2373万1300株、上限設定なし)で、買付期間は11月15日から12月27日まで。TOB成立後、スペースVHは所定の手続きを経て上場廃止となる予定で、これを受けて東京証券取引所は、スペースVH株式を11月12日付で監理銘柄(確認中)に指定している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
サンワカンパが一時11%高、22年9月期に最終黒字転換を見込む会社計画を材料視
木村化は6日ぶり急反騰で戻り高値を払拭、4~9月期営業利益4.5倍化を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »