株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

DOWAは下げ幅を縮小、22年3月期業績予想を上方修正も寄り付きは売り先行 11月15日10時34分

 DOWAホールディングス<5714.T>は3日ぶりに反落しているものの、朝安後に下げ幅を縮小する展開になっている。同社は12日取引終了後に22年3月期連結業績予想について、売上高を7800億円から8400億円(前期比42.9%増)へ、営業利益を580億円から610億円(同62.9%増)へ、純利益を420億円から440億円(同2.0倍)へ上方修正すると発表したが、織り込み済みとの見方で寄り付きは利益確定売りが先行した。

 あわせて発表した22年3月期第2四半期累計(4~9月)連結営業利益は379億6900万円(前年同期比3.0倍)となり、上期計画の338億円を上回った。上期は主要製品・サービスの受注・販売が堅調に推移し、また、金属価格は想定水準を上回った。下期も主要製品・サービスの受注・販売は堅調な状況が継続すると想定し、通期見通しを上方修正するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 11月15日 10時
HENNGEが大幅反落、22年9月期は2ケタ営業増益予想も市場予想に届かず
外為サマリー:1ドル114円00銭前後で推移、日経平均の上昇が下支え


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »