株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=住友林、米国需要の追い風強い 11月15日10時00分

 住友林業<1911.T>に注目したい。住宅大手の同社は、先月29日に第3四半期決算を発表するとともに21年12月期の連結営業利益を従来予想の880億円から1030億円に今期2度目となる増額修正を公表した。コロナ禍での在宅時間の長時間化や低金利を背景に米国での住宅販売が好調で、この米国需要が収益を押し上げている。市場には、今期の同利益は1080億円前後へ一段と上振れて着地するとの観測がある。

 株価は4月高値2582円をつけた後、一服場面を経て反発局面にある。今期予想連結PERは6倍台、配当利回りは3%近辺の水準にあり、割安感は強い。この先、4月高値更新からの一段高を目指す強調展開が見込める。(地和)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
スプリックスは年初来高値を更新、22年9月期の増収増益や連続増配見通しを好感
ズームが4連騰、12月31日を基準日に1株を2株に株式分割へ
トムソンが一時S高、22年3月期業績及び配当予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »