株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ココペリが一時17%安、上期営業利益の進捗率73%も通期据え置く 11月16日10時33分

 ココペリ<4167.T>が年初来安値を更新し、前日比17.0%安の2738円まで下落する場面もみられている。同社は15日取引終了後、22年3月期第2四半期累計(4~9月)営業利益が2億6400万円(前年同期比5.7倍)だったと発表したが、通期計画3億6000万円(前期比43.1%増)に対する進捗率は73.3%となっているものの上方修正がなかったことが、嫌気されているようだ。

 上期は全国の金融機関が連携して地域企業を支援するプラットフォーム「Big Advance」の導入金融機関及び会員企業数の増加が業績を押し上げたとし、導入金融機関数は前四半期末比4社増の75社となった。下期は上期に未消化であった採用関連費用や外注費の増加に加え、新オフィスへの移転費用の計上などで費用が上期より大幅に増加する見込みであり、通期の各利益は期初計画から変わらない見通しとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位にセレスポ
丸文は一時93円高と値を飛ばす、半導体人気に乗り年初来高値更新
博展はもみ合い、22年3月期純利益及び配当予想を上方修正も反応薄


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »