株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証マザーズ指数が頑強、中小型株人気再燃でメルカリやFRONTEOなど人気◇ 11月17日10時17分

 東証マザーズ指数の戻り足が顕著となっている。軟調な日経平均を横目に頑強で、きょうで4日続伸となり1189まで上値を伸ばし、25日移動平均線を足場に上放れる格好となっている。市場では「個人投資家は、一時は信用評価損益率が大幅悪化していたものの、ここにきて中小型株の上昇が目立っており、回転が利くようになってきた。マザーズ指数の出直りはそれを象徴している」(中堅証券アナリスト)という。きょうはマザーズ市場の時価総額トップであるメルカリ<4385.T>が高いほか、FRONTEO<2158.T>がストップ高で全体の地合いを牽引している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
メルカリが年初来高値を更新、みずほ銀行と連携しATMに「メルカリポスト」設置
<11月16日のストップ高銘柄>
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にフロンテオ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »