株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

理経が急反落、光通信が保有株の一部を売却◇ 11月17日11時04分

 理経<8226.T>が急反落している。光通信<9435.T>が16日の取引終了後に関東財務局に提出した変更報告書により、光通信及び共同保有者の保有割合が15.61%から9.33%に低下したことが判明しており、需給思惑が薄れたとの見方から売られているようだ。

 また、東京証券取引所は16日、同社株の信用取引による新規の売り付け及び買い付けに係る委託保証金率を17日売買分から50%以上(うち現金20%以上)とする臨時措置を発表。日本証券金融も同日以降、貸借取引自己取引分及び非清算者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の貸借担保金率を50%(うち現金20%)にすると発表してしており、売買の自由度が制限されるとの見方も働いているようだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Speeeが年初来高値を更新、「不動産の売買・賃貸及び仲介業」など定款を一部変更へ
芝浦メカは上げ足に弾み、半導体向けエッチング装置やチップボンダーに国策追い風
17日中国・上海総合指数=寄り付き3518.5646(-3.2221)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »