株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ニチコンが反発、ワイヤレスでメンテナンスフリーのIoTアクセスポイントとエッジ端末システムを開発 11月17日12時53分

 ニチコン<6996.T>が反発している。同社は16日、リコー電子デバイス(大阪府池田市)と環境発電を活用したワイヤレスでかつ10年程度メンテナンスが不要なIoTアクセスポイント及びエッジ端末システムを開発したと発表しており、これが好感されている。

 同システムは、環境発電と2次電池で動作可能な圧力、湿度、温度、ガス(有機溶剤、アルコールなど)が検出できる環境センサーと傾斜や振動の測定が可能なモーションセンサーを搭載した、メンテナンスフリーのエッジ端末と、エッジ端末との間で見通し200メートルの通信が可能なアクセスポイントからなるIoTシステム。環境発電またはマイクロ波による充電が可能であれば、屋外室内を問わず配線レスですぐに設置が完了し、多彩な環境データに加えてセンサーが設置された物体の動きの情報が収集でき、倉庫の商品管理のほか、災害・工事など仮設現場での使用が期待されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
GMO-PGは3日続伸、国内有力証券が目標株価を1万8000円へ引き上げ
<個人投資家の予想> 11月17日 12時
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で下げ幅広げる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »