株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=売り優勢、アジア株安などが重荷 11月18日11時46分

 18日前引けの日経平均株価は前営業日比236円92銭安の2万9451円41銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は5億7146万株、売買代金概算は1兆3362億円。値上がり銘柄数は536、対して値下がり銘柄数は1524、変わらずは118銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米国株市場が軟調だったこともあって主力株をはじめ広範囲に売りに押される展開となり、日経平均は下値を探る動きとなった。一時下げ幅は280円強まで広がる場面があった。これまで全体相場を牽引してきた半導体関連などに利益確定の売りが出たほか、中国・香港などアジア株安で市場のセンチメントが悪化した。全体の7割にあたる1500強の銘柄が値を下げた。

 個別ではレーザーテック<6920.T>が安く、東京エレクトロン<8035.T>も軟調。ソフトバンクグループ<9984.T>も大きく下げた。ファーストリテイリング<9983.T>が下落したほか、エーザイ<4523.T>も売られた。エイチーム<3662.T>が急落、トリドールホールディングス<3397.T>も大幅安。古河電池<6937.T>も大きく利食われた。半面、リクルートホールディングス<6098.T>が商いを伴い高く、キーエンス<6861.T>、村田製作所<6981.T>などもしっかり。サイバーエージェント<4751.T>が高く、メガチップス<6875.T>はストップ高に買われた。木村化工機<6378.T>も物色人気。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
メガチップスがS高、22年3月期最終利益予想の上方修正と自社株買いを好感
木村化が急騰で新値目前、CO2排出ゼロ目指す排熱利用によるオール電化システム開発
エーザイ大幅続落、欧州当局が「アデュカヌマブ」販売承認に否定的見解


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »