株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比40円高の29610円~ 11月19日07時35分

ADR(米国預託証券)の日本株は、任天堂<7974>、富士通<6702>、オムロン<6645>、エーザイ<4523>が堅調な半面、ソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>が冴えないなど、対東証比較(1ドル114.26円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比40円高の29610円。

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は60.10ドル安の35870 95ドル、ナスダックは72.14ポイント高の15993.71で取引を終了した。昨日引け後に発表された決算に失望したシスコシステムズ(CSCO)の下落がダウを押し下げ、寄り付き後下落。世界で新型コロナ感染が再流行しているため景気回復懸念が広がったほか、連邦準備制度理事(FRB)のパウエル議長再任の行方もいまだ不透明で警戒感が台頭し終日軟調に推移した。ただ、押し目では、小売り企業の強い決算を好感した買いも散見され、引けにかけて下げ幅を縮小。ナスダックは好決算を発表した半導体メーカーのエヌビディア(NVDA)の上昇がけん引し上昇、史上最高値を更新し終了した。

18日のニューヨーク外為市場でドル・円は114円13銭から114円48銭まで上昇し、114円24銭で引けた。米11月フィラデルフィア連銀製造業景況指数や10月景気先行指数が予想を上回り、ドル買いが優勢となったが、株安を意識して米国債の買いが強まり、長期金利が低下に転じるとドル買いはやや後退した。ユーロ・ドルは1.1327ドルまで下落後、1.1374ドルまで上昇し、1.1372ドルで引けた。

NY原油先物1月限は、反発(NYMEX原油1月限終値:78.41 ↑0.86)。


■ADR上昇率上位銘柄(18日)
<7752> リコー 9.77ドル 1116円 (37円) +3.43%
<7012> 川重 7.44ドル 2125円 (40円) +1.92%
<7201> 日産自 11.28ドル 644円 (9.4円) +1.48%
<8267> イオン 23.76ドル 2715円 (27.5円) +1.02%
<8306> 三菱UFJ 5.61ドル 641円 (6.3円) +0.99%


■ADR下落率上位銘柄(18日)
<9984> ソフトバンクG 29.62ドル 6769円 (-217円) -3.11%
<6753> シャープ 2.85ドル 1303円 (-39円) -2.91%
<5233> 太平洋セメ 5.07ドル 2317円 (-51円) -2.15%
<6976> 太陽電 222.5ドル 6356円 (-74円) -1.15%
<6460> セガサミーHD 4.26ドル 1947円 (-21円) -1.07%


■その他ADR銘柄(18日)
<1925> 大和ハウス 29.87ドル 3413円 (-8円)
<1928> 積水ハウス 21.16ドル 2418円 (8円)
<2503> キリン 16.38ドル 1872円 (-7.5円)
<2802> 味の素 30.97ドル 3539円 (4円)
<3402> 東レ 12.34ドル 705円 (-3.7円)
<3407> 旭化成 19.68ドル 1124円 (-3円)
<4523> エーザイ 64.88ドル 7413円 (40円)
<4901> 富士フイルム 79.26ドル 9057円 (-7円)
<4911> 資生堂 65.97ドル 7538円 (5円)
<5108> ブリヂストン 21.34ドル 4877円 (-13円)
<5201> AGC 9.88ドル 5644円 (-16円)
<5802> 住友電 13.8ドル 1577円 (-17円)
<6301> コマツ 26.05ドル 2976円 (-12円)
<6503> 三菱電 26.28ドル 1501円 (-5.5円)
<6586> マキタ 46.2ドル 5279円 (-7円)
<6645> オムロン 99.13ドル 11326円 (1円)
<6702> 富士通 36.54ドル 20874円 (29円)
<6723> ルネサス 6.6ドル 1508円 (-2円)
<6758> ソニーG 125.16ドル 14301円 (-49円)
<6762> TDK 41.14ドル 4701円 (6円)
<6902> デンソー 38.73ドル 8851円 (-29円)
<6954> ファナック 20.64ドル 23589円 (-46円)
<6988> 日東電 38.68ドル 8838円 (-2円)
<7201> 日産自 11.28ドル 644円 (9.4円)
<7202> いすゞ 14.53ドル 1660円 (1円)
<7203> トヨタ 184.65ドル 2110円 (-14.5円)
<7267> ホンダ 28.13ドル 3214円 (-13円)
<7270> SUBARU 10.1ドル 2307円 (-9.5円)
<7733> オリンパス 23.07ドル 2636円 (6円)
<7741> HOYA 162.45ドル 18562円 (7円)
<7751> キヤノン 22.47ドル 2567円 (-9.5円)
<7974> 任天堂 56.52ドル 51664円 (164円)
<8001> 伊藤忠 58.02ドル 3315円 (-1円)
<8002> 丸紅 89.45ドル 1022円 (7.5円)
<8031> 三井物 450.96ドル 2576円 (2.5円)
<8053> 住友商 14.4ドル 1645円 (-3.5円)
<8267> イオン 23.76ドル 2715円 (27.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.61ドル 641円 (6.3円)
<8309> 三井トラスト 3.12ドル 3565円 (-31円)
<8316> 三井住友 6.76ドル 3862円 (-38円)
<8411> みずほFG 2.58ドル 1474円 (-12円)
<8591> オリックス 102.07ドル 2333円 (0.5円)
<8604> 野村HD 4.3ドル 491円 (-2.1円)
<8766> 東京海上HD 51.7ドル 5907円 (-24円)
<8802> 菱地所 14.47ドル 1653円 (-6円)
<9202> ANA 4.76ドル 2722円 (-7.5円)
<9432> NTT 28.13ドル 3214円 (-1円)
<9735> セコム 17.49ドル 7994円 (-20円)
<9983> ファーストリテイ 64.74ドル 73968円 (-102円)
<9984> ソフトバンクG 29.62ドル 6769円 (-217円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »