株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~売り優勢の展開、シカゴは大阪比155円安の29625円~ 11月22日09時50分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、太陽誘電<6976>、AGC<5201>などをはじめ全般売り優勢の展開。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円安の29625円。

19日のNY市場はまちまち。ダウ平均は268.97ドル安の35,60198ドル、ナスダックは63.73ポイント高の16,057.44で取引を終了した。オーストリアが再び全土ロックダウン入りするなど欧州で新型コロナが再流行、米国でも一部地域で感染件数の増加が見られ世界経済の回復を遅らせるとの懸念が根強く、寄り付き後、下落。連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長が12月連邦公開市場委員会(FOMC)でテーパリング加速協議が適切となる可能性を示唆し早期利上げへの懸念も更なる重しとなり、ダウは終日軟調に推移した。一方、長期金利の低下でハイテク株は好調で、ナスダック総合指数は連日で史上最高値を更新し終了。9

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円68銭まで下落後、114円07銭まで反発し、114円01銭で引けた。欧州で新型コロナ感染数が再流行しロックダウンによる世界経済の回復鈍化を懸念して長期金利が低下し、ドル売りやリスク回避の円買いが優勢となった。その後、米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長が12月FOMCでのテーパリング加速協議が適切となる可能性を指摘。さらに、ウォラー理事もテーパリング加速を支持する姿勢を表明したことから、ドル売りは後退した。

NY原油先物1月限は、反落(NYMEX原油1月限終値:75.94 ↓2.47)。


■ADR上昇率上位銘柄(19日)
<8802> 菱地所 14.39ドル 1640円 (61円) +3.86%
<4704> トレンド 60.78ドル 6928円 (148円) +2.18%
<9202> ANA 4.75ドル 2707円 (35.5円) +1.33%
<8002> 丸紅 91.86ドル 1047円 (12.5円) +1.21%
<6952> カシオ 142.46ドル 1624円 (19円) +1.18%


■ADR下落率上位銘柄(19日)
1812 (KAJMY) 鹿島 11.59 1321 -39 -2.87
6976 (TYOYY) 太陽電 235.5 6711 -159 -2.31
5201 (ASGLY) AGC 9.66 5506 -114 -2.03
6753 (SHCAY) シャープ 2.94 1341 -25 -1.83
8316 (SMFG) 三井住友 6.72 3830 -57 -1.47



■その他ADR銘柄(19日)
<1925> 大和ハウス 29.71ドル 3387円 (-21円)
<1928> 積水ハウス 21.01ドル 2395円 (-3.5円)
<2503> キリン 16.33ドル 1861円 (-9円)
<2802> 味の素 30.71ドル 3501円 (1円)
<3402> 東レ 12.37ドル 705円 (-10.1円)
<3407> 旭化成 19.9ドル 1134円 (-10.5円)
<4523> エーザイ 63.59ドル 7249円 (11円)
<4704> トレンド 60.78ドル 6928円 (148円)
<4901> 富士フイルム 82.12ドル 9361円 (-14円)
<4911> 資生堂 65.01ドル 7411円 (-9円)
<5108> ブリヂストン 21.4ドル 4879円 (-28円)
<5201> AGC 9.66 -0ドル 5506円 (-114円)
<5802> 住友電 14.08ドル 1605円 (-15.5円)
<6301> コマツ 25.38ドル 2893円 (-25円)
<6503> 三菱電 26.51ドル 1511円 (-12円)
<6586> マキタ 46.16ドル 5262円 (-17円)
<6645> オムロン 100.19ドル 11421円 (-9円)
<6702> 富士通 35.94ドル 20484円 (-121円)
<6723> ルネサス 6.81ドル 1553円 (-8円)
<6758> ソニーG 125.24ドル 14276円 (-69円)
<6762> TDK 42.29  1ドル 4821円 (6円)
<6902> デンソー 39.36ドル 8973円 (-58円)
<6954> ファナック 20.42ドル 23277円 (-78円)
<6988> 日東電 38.68ドル 8818円 (-12円)
<7201> 日産自 11.07ドル 631円 (-5.2円)
<7202> いすゞ 14.48ドル 1651円 (-11円)
<7203> トヨタ 185.96ドル 2120円 (-12.5円)
<7267> ホンダ 28.98ドル 3303円 (-21円)
<7270> SUBARU 10.02ドル 2285円 (-23円)
<7733> オリンパス 23.05ドル 2627円 (-4.5円)
<7741> HOYA 166.27  3.ドル 18953円 (-12円)
<7751> キヤノン 22.7ドル 2588円 (-24.5円)
<7974> 任天堂 56.83ドル 51824円 (-116円)
<8001> 伊藤忠 59.18ドル 3373円 (-13円)
<8002> 丸紅 91.86ドル 1047円 (12.5円)
<8031> 三井物 470.14ドル 2680円 (-18.5円)
<8053> 住友商 14.52ドル 1655円 (-13.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.56 -0ドル 634円 (-3.2円)
<8309> 三井トラスト 3.16ドル 3602円 (-24円)
<8316> 三井住友 6.72ドル 3830円 (-57円)
<8411> みずほFG -2.53ドル 1442円 (-16.5円)
<8591> オリックス 102.11ドル 2328円 (-15円)
<8604> 野村HD -4.25ドル 484円 (-5.6円)
<8766> 東京海上HD 51.98ドル 5925円 (15円)
<8802> 菱地所 14.39ドル 1640円 (61円)
<9202> ANA 4.75 -0ドル 2707円 (35.5円)
<9432> NTT 27.86ドル 3176円 (-8円)
<9735> セコム 17.42ドル 7943円 (-16円)
<9983> ファーストリテ イ 64.34ドル 73341円 (-429円)
<9984> ソフトバンクG 29.7ドル 6771円 (-85円)



<NH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »