株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、デンソーとファーストリテの2銘柄で約15円押し下げ 11月22日12時25分

22日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり78銘柄、値下がり140銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は反落。67.92円安の29677.95円(出来高概算5億4403万株)で前場の取引を終えている。前週末19日の米株式市場でNYダウは268.97ドル安(-0.74%)と3日続落。オーストリアが再び全土ロックダウン入りするなど欧州で新型コロナウイルスが再流行、米国でも一部地域で感染件数の増加が見られ世界経済の回復を遅らせるとの懸念が根強く、寄り付き後下落。さらに、連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長が12月連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小(テーパリング)の加速についての協議が適切との認識を示唆したことも重しとなった。一方、長期金利の低下を背景にハイテク株は好調で、ナスダック総合指数、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は連日で史上最高値を更新した。新型コロナ再流行による世界景気への懸念やNYダウの下落を受けて週明けの日経平均は127.32円安の29618.55円でスタートすると、安値圏でもみ合った後一時29542.29円まで下げ幅を拡げた。ただ、国内ではまだ新型コロナの感染動向が落ち着いていることや、ハイテク株には買いが入ったこともあり、日経平均は売り一巡後に下げ渋ると、その後は前引けまで下げ幅を縮める動きが続いた。

値下がり寄与トップはデンソー<6902>、同2位はファーストリテ<9983>となり、2銘柄で日経平均を約15円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはINPEX<1605>で5.09%安、同2位は日産自<7201>で2.99%安だった。先週末の原油相場下落を受けて、石油関連株には売りが先行する展開となっていたが、INPEXの下げが特に目立つ。

一方、値上がり寄与トップはアドバンテ<6857>、同2位は塩野義<4507>となり、2銘柄で日経平均を約15円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは日本製鋼所<5631>で4.87%高、同2位は日本電気硝子<5214>で3.98%高だった。


*11:30現在


日経平均株価  29677.95(-67.92)

値上がり銘柄数  78(寄与度+67.48)
値下がり銘柄数 140(寄与度-135.40)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<6857> アドバンテ       10560     130 +9.16
<4507> 塩野義          8046     178 +6.27
<8035> 東エレク        62980     160 +5.64
<4519> 中外薬          4156     44 +4.65
<4503> アステラス薬      1944     21 +3.70
<2413> エムスリー       6449     41 +3.47
<9613> NTTデータ        2547     15 +2.64
<7832> バンナムHD       9342     73 +2.57
<4704> トレンド         6850     70 +2.47
<8766> 東京海上         6022     112 +1.97
<6976> 太陽誘電         6910     40 +1.41
<8015> 豊通商          5510     40 +1.41
<8058> 三菱商          3532     40 +1.41
<5214> 日電硝          3135     120 +1.27
<7272> ヤマハ発         3075     35 +1.23
<5631> 日製鋼          3340     155 +1.09
<4578> 大塚HD          4147     31 +1.09
<6724> エプソン         1936     14 +0.99
<8252> 丸井G           2315     27 +0.95
<5332> TOTO           5450     50 +0.88

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<6902> デンソー         8799    -232 -8.18
<9983> ファーストリテ    73570    -200 -7.05
<7733> オリンパス      2586.5     -45 -6.34
<4063> 信越化         20070    -165 -5.82
<6367> ダイキン        24820    -145 -5.11
<6988> 日東電          8690    -140 -4.93
<3659> ネクソン         2475     -70 -4.93
<4911> 資生堂          7287    -133 -4.69
<7203> トヨタ          2108   -24.5 -4.32
<2801> キッコーマン      9290    -100 -3.52
<6645> オムロン        11335     -95 -3.35
<2502> アサヒ          4517     -85 -3.00
<7269> スズキ          5250     -82 -2.89
<6954> ファナック       23275     -80 -2.82
<6758> ソニーG         14265     -80 -2.82
<6762> TDK            4790     -25 -2.64
<6305> 日立建          3660     -70 -2.47
<6971> 京セラ          7097     -35 -2.47
<7267> ホンダ          3290     -34 -2.40
<3382> 7&iHD           4757     -64 -2.26



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »