株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ベビカレが急落、こども庁発足先送りで検討と報じられる◇ 11月22日10時36分

 ベビーカレンダー<7363.T>が急落しているほか、幼児活動研究会<2152.T>、グローバルキッズCOMPANY<6189.T>などが軟調な動き。20日付の複数のメディアで、政府が「こども庁」について、23年4月の発足を目指す方向で検討に入ったと報じられており、22年度中とされていたスタート時期が先送りされるとの観測が弱材料視されているようだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 11月22日 10時
JALとANAHDがともに続落、欧州のコロナ再拡大で人の動き再鈍化を懸念◇
リアルワールドの急騰劇続く、きょうの高値まで4営業日で2.4倍化


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »