株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

小動き、一目均衡表は三役好転終了を警戒 11月26日08時16分

[本日の想定レンジ]

25日は米国市場は祝日(感謝祭)で休場。大阪夜間取引の日経225先物は日中取引比10円安の29510円。本日の日経平均は小動きが予想される。昨日はローソク足が小陽線の胴体を持つ「コマ」を示現し、29500円付近での売り買い拮抗状態を窺わせた。株価下の25日線(昨日29353.65円)が下値支持線として期待される一方、株価上方で下降中の5日線が昨日の上値抵抗線となっており、こう着感が一段と強まりそうだ。一方、日足一目均衡表では本日終値が29255.55円を下回ると三役好転後の強気形状が崩れ、もみ合い長期化の可能性が出てくる点に留意したい。

[予想レンジ]

上限29650円−下限29250円



<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »