株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ヒューマン、入国制限の緩和が追い風 11月26日10時00分

 ヒューマンホールディングス<2415.T>に注目したい。同社はスクール運営や人材派遣、介護などを展開しており、外国人向け日本語学校で高い実績を持つ。新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が大幅な減少に向かうなか、今後入国制限の更なる緩和が同社には追い風となりそうだ。

 8日に22年3月期の連結営業利益予想を22億6500万円から28億400万円(前期比3.8%増)とする上方修正を発表。人材関連事業で新型コロナウイルス感染症による求人数への影響が想定よりも回復基調にあり、今期は17期ぶりに最高営業利益を更新する見込み。更に今期配当予想も従来の24円から31円50銭に引き上げ、前期実績に対しては5円の増配となる予定だ。

 株価は9日に年初来高値1198円をつけた後は調整局面に入り、17日には1007円まで値を下げた。ただ、高値から2割弱の下落で調整一巡感も漂う。指標面では連結PBR0.8倍台、配当利回り3%台の水準であり、割安感は顕著。先行き高値更新から一段高が期待できそうだ。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
ヨコレイは年初来安値を更新、中計の数値目標を引き下げ
菱洋エレクは大幅反落、22年1月期第3四半期営業利益79%増も材料出つくし


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »