株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY債券:米長期債相場は上昇、新型コロナウイルスの新変異株検出で安全逃避の買いが入る 11月27日07時13分

26日の米国長期債相場は上昇。南アフリカで新型コロナウイルスの新変異株が検出されたことを受け、米国株式から安全資産である米国債への資金逃避が観測された。CMEのFedWatchによると、2022年6月時点で0.25ポイントの利上げが実施される確率は26日に53%程度まで低下した。24日時点では80%を超えていた。10年債利回りは、アジア市場で1.60%近辺まで上昇した後、ニューヨーク市場の取引終了時点にかけて1.47%近辺まで低下。

イールドカーブは、短・長期間などでフラットニング気配。2年−10年は+97.80bp近辺、2−30年は+133.00p近辺で引けた。2年債利回りは0.50%(前日比:-14bp)、10年債利回りは1.47%(同比:-17bp)、30年債利回りは、1.82%(同比:-14bp)で取引を終えた



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »