株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は小幅続落、テルモとオリンパスの2銘柄で約23円押し下げ 11月29日12時25分

29日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり52銘柄、値下がり169銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は小幅続落。5.13円安の28746.49円(出来高概算7億0505万株)で前場の取引を終えている。前週末26日の米国市場は軒並み急落。NYダウは一時1000ドル超下げ、終値では905.04ドル安(-2.52%)。南アフリカで検出された新型コロナウイルス変異株が世界経済の回復を損ねるとの懸念にアジアや欧州市場の流れを継いで、寄り付き後大きく下落。短縮取引で参加者が限られるなか安値を探る展開となった。リスク回避の動きから安全資産の米国債が買われ、米10年国債利回りは1.48%(-0.16pt)と急低下したが、ハイテク株も売られ、ナスダック総合指数は-2.23%の大幅下落。欧州でも英FTSE100、ドイツDAXなど主要株価指数は4%前後の急落となった。大阪取引所の夜間取引の日経平均先物は日中終値比940円安と27850円まで売られていた。こうした流れを引き継ぎ、週明けの日経平均は413.66円安の28337.96円と大きく下げて始まったものの、寄り付き直後から下げ渋ると、早々に28500円を回復。その後再び下げ幅を拡げるなど荒い動きも一時見られたが、総じて底堅く、前引けにかけてじりじりと下げ幅を縮める展開が続いた結果、前週末終値とほぼ変わらない水準まで戻して前場を終えた。

値下がり寄与トップはテルモ<4543>、同2位はオリンパス<7733>となり、2銘柄で日経平均を約23円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは日野自<7205>で4.38%安、同2位はマツダ<7261>で4.31%安だった。

一方、値上がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はエムスリー<2413>となり、2銘柄で日経平均を約54円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは川崎汽船<9107>で5.41%高、同2位は商船三井<9104>で4.78%高だった。大手海運株は軒並み高となっている。コロナ感染拡大がコンテナ船市況大幅上昇のきっかけにつながったとの見方も多く、今般の南アにおける新型コロナウイルス変異種の確認が、思惑視される形にもなっているもよう。


*11:30現在


日経平均株価  28746.49(-5.13)

値上がり銘柄数  52(寄与度+152.05)
値下がり銘柄数 169(寄与度-157.18)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<8035> 東エレク        61760    920 +32.43
<2413> エムスリー       6367    256 +21.65
<6857> アドバンテ       10070    260 +18.33
<6098> リクルートHD      7096     85 +8.99
<7974> 任天堂         52010   2160 +7.61
<6645> オムロン        11060    190 +6.70
<7832> バンナムHD       9221    168 +5.92
<9613> NTTデータ        2452     30 +5.29
<6954> ファナック       23160    125 +4.41
<2801> キッコーマン      9100    120 +4.23
<4507> 塩野義          8179     86 +3.03
<6861> キーエンス       71790    850 +3.00
<4901> 富士フイルム      9166     81 +2.85
<6762> TDK            4605     25 +2.64
<4324> 電通G           3810     70 +2.47
<7735> スクリン        11800    310 +2.19
<4063> 信越化         19320     60 +2.11
<6479> ミネベアミツミ     3050     54 +1.90
<4021> 日産化学         6970     50 +1.76
<6758> ソニーG         14030     45 +1.59

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<4543> テルモ          4898   -109 -15.37
<7733> オリンパス      2504.5   -55.5 -7.82
<4519> 中外薬          3859    -66 -6.98
<7203> トヨタ          2036   -38.5 -6.78
<9433> KDDI           3388    -32 -6.77
<4503> アステラス薬     1862.5    -30 -5.29
<7267> ホンダ          3175    -72 -5.08
<4911> 資生堂          6800   -121 -4.26
<5108> ブリヂストン      4659    -93 -3.28
<7269> スズキ          4823    -91 -3.21
<9984> ソフトバンクG     6322    -14 -2.96
<9735> セコム          7847    -83 -2.93
<3382> 7&iHD           4701    -82 -2.89
<6976> 太陽誘電         6420    -70 -2.47
<9009> 京成           3210   -140 -2.47
<7751> キヤノン       2544.5   -46.5 -2.46
<8015> 豊通商          5140    -60 -2.11
<6902> デンソー         8601    -56 -1.97
<6301> コマツ          2682    -46 -1.62
<4151> 協和キリン       3295    -45 -1.59



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »