株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

チノー---本社・国内生産2拠点の購入電力を100%再生可能エネルギーへ転換 11月29日12時26分

チノー<6850>は25日、本社と国内生産2拠点(久喜事業所:埼玉県久喜市、山形事業所:山形県天童市)において、購入電力を100%非化石燃料由来の再生可能エネルギーに転換したと発表。

3拠点の2020年度年間電力使用量は実績値で約3,500MWhで、これを全て再生可能エネルギー化することにより、年間約1,700tの温室効果ガス(CO2)排出削減を見込んでいる(一般家庭の約625世帯分のCO2排出削減に相当)。

同社グループでは、事業活動による継続的なCO2排出削減を計画しており、2022年上期末までには残る藤岡事業所(群馬県藤岡市)も再生可能エネルギーへの転換を行う予定で、更に年間約680tのCO2排出削減を見込んでいる。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »