株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リソー教育 Research Memo(10):2022年2月期の配当金は、前期比4.5円増配の14.0円を予定 11月29日16時20分

■株主還元策

リソー教育<4714>は株主への利益還元を経営の重要課題の1つと位置付けており、2017年2月期以降は連結配当性向を指標として、業績に応じた配当を四半期ごとに行ってきた。しかし、過去の配当において分配可能額を超えた配当を実施していたことが判明したことにより、2021年2月期は四半期配当を一旦取りやめて、9.5円の期末一括配当を行った。2022年2月期についても期末一括配当とし、1株当たり14.0円、前期比で4.5円の増配とする予定だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »