株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ドラフトが6日ぶり反発、HEROZと自動設計支援AIサービスの共同開発で業務提携契約◇ 11月29日09時20分

 ドラフト<5070.T>が6日ぶりに反発している。この日の寄り前、HEROZ<4382.T>と自動設計支援AIサービスの共同開発に向けた業務提携契約を締結したと発表しており、これが好感されている。

 ドラフトが有する高度なデザイン力や設計ノウハウとHEROZが有する独自AI技術の融合による日本の設計技術の向上を目指した「自動設計支援AIサービス」の共同開発を行うのが狙い。なお、同件が業績に与える影響は軽微としている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
北陸電工が大幅反発、12月末を基準日とした1株から1.2株への株式分割と実質増配を好感
サンアスタは大幅に4日続落、357万4800株の売り出しを発表
エネチェンジはウリ気配スタート、公募・売り出し発表と今12月期見通し修正も


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »