株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JR東日本や東武、東急など電鉄株が軒並み下落、利用者減少で収益への影響懸念◇ 11月29日10時20分

 JR東日本<9020.T>、JR東海<9022.T>などが売り気配スタートで下値模索の動きを強めたほか、東武鉄道<9001.T>、東急<9005.T>、京浜急行電鉄<9006.T>など私鉄株も軒並み安に売り込まれている。新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株が新たに確認されたことを受け、経済活動への影響が改めて警戒されている。特に、人流の低下が乗客の減少に直結し収益デメリットを受けやすい電鉄株は、目先下値リスクが意識され短期筋の投げを誘発している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アマノは続落、Preferred Roboticsに20億円出資と発表も反応薄
萩原工業の21年10月期業績は計画下振れで着地
萩原工業が年初来安値を更新、海上運賃や原材料費高騰で21年10月期業績は計画下振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »