株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キタックが続落、業務損失引当金の増加で21年10月期業績は計画下振れ 11月29日11時19分

 キタック<4707.T>が続落している。前週末26日の取引終了後、集計中の21年10月期連結業績について、営業損益が1300万円の黒字から700万円の赤字へ、最終利益が3900万円から3100万円へ下振れて着地したようだと発表しており、これが嫌気されている。

 連結決算への移行初年度であることから前の期との比較はないものの、今期以降に赤字が見込まれる業務に対する業務損失引当金の増加などが要因としている。なお、売上高は25億4000万円から25億4500万円へやや上振れたとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Fブラザーズが急落、21年11月期営業利益予想を上方修正も材料出尽くし感強まる
enishは4日ぶり反発、「進撃の巨人Brave Order」の事前登録者数20万人突破
メドピアなど医療人材関連が高い、オミクロン株への警戒感から思惑働く◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »