株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リプロセルが行うPCR検査及び各種変異株の特定検査でオミクロン株も対応可能と判明 11月29日15時52分

 リプロセル<4978.T>は29日取引終了後、同社が行う新型コロナウイルスPCR検査及び各種変異株の特定検査において、新たな変異株であるオミクロン株の特定検査が可能であることが判明したと発表した。

 オミクロン株は南アフリカで確認された新たな変異株であり、従来の変異株より感染力が高く、ワクチン効果が低減される可能性があるとされている。世界保健機関(WHO)ではオミクロン株を新たに、最も警戒レベルの高い「懸念される変異株」に指定した。リプロセルにおいてオミクロン株の変異を調査したところ、現在使用している試薬及び技術で特定検査が可能なことがわかったとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
フロンテオが韓国で「KIBIT Automator Processing」販売開始
東京株式(大引け)=467円安、新型コロナ変異株の影響を懸念して大幅続落
外為サマリー:113円20銭台へ下落、外国人の新規入国原則停止で円高に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »