株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ALBERTのAI・高性能チャットボットが世田谷区の区民向けサービスに採用 11月29日17時53分

 ALBERT<3906.T>は29日取引終了後、人工知能(AI)・高性能チャットボット「スグレス」の代理店であるG-Place(京都府長岡京市)との協業により、東京都世田谷区において「スグレス」を活用した区民向けサービスの提供を開始したと発表した。

 7月から保育園の入園や利用料に関する疑問にWEB上で自動応答するサービスの提供を開始した。区の公式サイトトップページの検索スペースに「入園(転園)の申込み」など、個別のスグレス導入ページタイトル(ページ番号)を入力することで、サービスを受けられる。LINEをはじめ、さまざまなSNSツールとの連携も可能としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日銀為替市況(ドル円・午後5時)
29日香港・ハンセン指数=終値23852.24(-228.28)
日東工がキャビネットなどの販売価格を値上げへ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »