株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コインチェック、2022年夏までに第二弾「IEO」の実現目指す【フィスコ・ビットコインニュース】 11月29日14時09分

コインチェック株式会社は本日昼頃、株式会社フィナンシェとIEO(Initial Exchange Offering)による資金調達実現に向けた契約を締結したと発表した。2022年夏までにIEOの実現を目指すという。

コインチェックでは、2021年7月にIEOプラットフォーム「Coincheck IEO」の提供を開始した。Coincheck IEOの第一弾として、株式会社Hashpaletteの発行する独自トークン「Palette Token(PLT)」のIEOによる資金調達を日本で初めて実現した。

IEOとは、企業やプロジェクトが取引所を通じてデジタルトークンを発行・上場して資金調達を行うことである。取引所は自社での上場・販売を前提に、トークン及び発行元企業についても十分に調査した上で上場させる仕組みとなっている。

「Coincheck IEO」の第2号案件となる今回は、既に100以上の個人や団体のトークンの発行・販売、企画・運用実績を持つフィナンシェが「フィナンシェトークン」の発行を行い、コインチェックの提供する「Coincheck IEO」にて販売する予定のようだ。フィナンシェは、J1サッカークラブの湘南ベルマーレやアビスパ福岡、Tリーグ優勝の卓球プロチーム琉球アスティーダなどのスポーツクラブのトークンを中心としてトークンの発行・販売、企画・運用を行っている。

「フィナンシェトークン」は、クラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE」を利用して発行されたクラブトークンやNFTに効果的につなぐプラットフォームトークンとなる。また、イーサリアムブロックチェーン上で発行されるトークンであり、「FiNANCiE」ユーザーへのインセンティブ付与やエコシステム全体におけるガバナンス参加を促す役割を担うようだ。そのほか、IEO実現で調達した資金の一部はフィナンシェの提供する「FiNANCiE」及びNFT事業の更なる拡大に充当する予定だという。



<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »