株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日水、マルハニチロなど水産株が値上がり率首位、値上げの動きをポジティブ視◇ 11月30日09時25分

 日本水産<1332.T>、マルハニチロ<1333.T>など水産株の上昇が目立つ。きょうは全体幅広く買われる展開で日経平均は自律反発に転じているが、そのなか業種別では「水産」が一時33業種中トップに買われる人気となった。原料価格の高騰に加え原油上昇などの燃料コスト上昇が食品会社の製品値上げの動きにつながっている。冷凍食品を展開する水産会社も同様でマルハニチロは29日取引終了後、家庭用冷凍食品の出荷価格を来年2月に値上げすることを発表、値上げ幅は商品によって異なるが、調理品で2~10%程度となる。日水は既に値上げを発表済みだが、こうした足並みを揃えた製品値上げの動きがポジティブ視され、投資資金の流入を誘っている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<11月29日の25日・75日移動平均線デッドクロス銘柄>
ALBERTは6日ぶりに反発、AI・高性能チャットボットが世田谷区の区民向けサービスに採用
アシロはもみ合う、「刑事事件弁護士ナビ」で外国語対応が可能な法律事務所を検索できる機能を実装


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »