株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にFRONTEO 11月30日12時53分

 「みんかぶ」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の30日正午現在では、FRONTEO<2158.T>が「売り予想数上昇」1位となっている。

 FRONTEOは前週末26日にストップ高で5300円に買われ上場来高値を更新したが、週明けとなった前日は利食い急ぎの動きが表面化し、一転して1000円ストップ安に売り込まれる展開となった。株価は昨年3月の時点で150円近辺に位置しており、前週末までの約1年8カ月でおよそ35倍に大化けしたが、PERなど指標面からは足もとの株価は妥当性を欠いていた。きょうも買い向かう動きは限定的で700円安はストップ安の3600円ウリ気配に張り付いている。テクニカル的には25日移動平均線が位置する3400円近辺が下値のポイントとして意識される。なお、同社株は「買い予想数上昇」でも2位に入っており、強弱観の対立を物語っている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<11月29日のストップ安銘柄>
ジオロケが後場カイ気配、12月31日を基準日として1株を2株に株式分割
午前:債券サマリー 先物は小幅続伸、新発10年債の取引成立せず


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »