株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大日印は上げ幅拡大、AIで声から「感情」を解析するリモート接客支援システムを開発 11月30日11時20分

 大日本印刷<7912.T>は上げ幅を拡大する堅調な展開。同社は午前9時30分ごろ、リモートで接客中の顧客の声から人工知能(AI)が「感情」を解析し、接客中のオペレーターに解析結果の「感情」を伝え、より効果的な接客・商談を支援するシステムを開発したと発表しており、これを材料視した買いも入っているようだ。

 同社は19年からビデオ通話などによるリモートの接客・商談を支援する「DNP遠隔接客支援サービス」を展開している。このサービスに今回開発したAIによる感情解析システムを組み込み、12月に感情解析を利用したリモート接客の代行支援を開始するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
証券株が一斉高、全体相場の地合い改善と売買代金の増勢が追い風材料に◇
YEデジタルは5日ぶり反発、スマートバス停の実証実験を開始へ
ナレッジSが5日ぶり反発、第1四半期業績に投資有価証券売却益を計上へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »