株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JNSは後場カイ気配スタート、ソラコムのAIカメラ新モデルの設計・製造を受託 11月30日12時35分

 JNSホールディングス<3627.T>は後場カイ気配スタート。同社は午前11時30分ごろ、子会社であるJENESISが、ソラコム(東京都世田谷区)のAIカメラ「S+ Camera(サープラスカメラ)」シリーズの新モデル「S+ Camera Design」における設計・製造を受託したと発表しており、これを材料視した買いも入っているようだ。

 「S+ Camera」はIoTプラットフォーム「SORACOM」のノウハウを生かしたAIカメラ。Linuxベースの小型コンピューターとセルラー通信(LTE)を搭載している。新モデルでは、設置場所拡大に対応したボディデザインに刷新し、厚みは5センチメートルと前機種の約半分のサイズへスリム化した。加えて、前後・斜めへのカメラの角度調整、ピント調整や各種ワイヤー取り付けなどにも対応し、よりさまざまなユースケースでの活用が可能としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 11月30日 12時
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で上げ幅縮小
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位に中京医薬


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »