株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

F&LCが3日ぶり反発、国内大手証券が目標株価を引き上げ 11月30日14時11分

 FOOD & LIFE COMPANIES<3563.T>が3日ぶりに反発している。SMBC日興証券が29日付で投資評価「1」を継続し、目標株価を5100円から6000円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同証券では、中長期的にテイクアウトの定着や他社の退店跡の活用などによりコロナを追い風に成長できる企業として評価。海外展開の加速や京樽の買収効果にも期待が持てるという。中期経営計画の発表や足もとの事業環境の変化を踏まえて業績予想をやや引き下げたが、助成金収入ゼロ前提の22年9月期会社利益予想は保守的としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
アライドアキが大幅反発、東武とアリペイによる中国人向け日光誘客キャンペーンを支援◇
アイビーシーが後場急上昇、IIJグローバルソリューションズと技術提携


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »