株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ポエック Research Memo(11):2022年8月期の配当金は1株当たり38円、配当性向37.9%を計画 12月01日16時11分

■株主還元策

ポエック<9264>の配当政策は、将来の事業展開に必要な内部留保を確保しつつ、株主への還元を最優先に考えている。これまで16期連続配当をするなど、安定した配当を継続してきた。配当性向は50%を目途としており、期末配当のみの年1回となる。2021年8月期は1株当たり配当金を前期並みの年38.0円とした。親会社株主に帰属する当期純利益が減少したことから、配当性向が前期の39.6%から46.2%へ上昇した。2022年8月期の1株当たり配当金は38.0円を維持し、予想配当性向37.9%を計画している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)



<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »