株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は4日ぶりに反発、変異株やテーパリング加速懸念も押し目買いで下げ渋る 12月01日16時01分

日経平均は4日ぶりに反発。前日の米株式市場でNYダウは大幅反落。11月消費者信頼感指数などが予想以上に悪化したほか、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が量的緩和縮小(テーパリング)ペース加速を示唆したため売りが加速。金融引き締め懸念を背景にハイテク株にも売りが広がり、ナスダック総合指数も大幅に下落した。前日に需給要因やワクチンに関する報道を受けて突っ込み気味に下げていた日経平均は自律反発狙いの買いも入り、44.97円高でスタート。朝方は乱高下したが、香港ハンセン指数の上昇などを支えに前引けにかけて強含み、28000円を回復。後場は、金融引き締めやオミクロン株を巡る懸念と値ごろ感からの押し目買いが拮抗し、同水準を挟んだ一進一退の展開が続いたが、引けにかけて失速し、28000円を回復できずに終えた。

 大引けの日経平均は前日比113.86円高の27935.62円となった。東証1部の売買高は14億4119万株、売買代金は3兆2144億円だった。セクターではパルプ・紙、海運業、機械などが上昇率上位に並んだ一方、情報・通信業、医薬品、食料品などが下落率上位に並んだ。東証1部の値上がり銘柄は全体の62%、対して値下がり銘柄は34%となった。

 個別では、レーザーテック<6920>が大幅に反発し、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>なども買い優勢に。外資証券の投資判断格上げを受けてトヨタ自<7203>が大幅高となり、ホンダ<7267>、デンソー<6902>なども上昇。国内証券の投資判断格上げでファナック<6954>が買われ、安川電機<6506>、DMG森精機<6141>なども大幅上昇。国内証券の目標株価引き上げを追い風に郵船<9101>や商船三井<9104>などの海運株も大幅高。米国での金融引き締め観測の高まりを背景に三菱UFJ<8306>も上昇。そのほか、任天堂<7974>、ダイキン<6367>、クボタ<6326>、リクルートHD<6098>、ベイカレント<
6532>、富士フイルム<4901>などが堅調。商船三井による完全子会社化を目指したTOB実施が伝わったダイビル<8806>と宇徳<9358>は共にストップ高比例配分となり、投資判断格上げを材料に急伸したメドピア<6095>など共に東証1部上昇率上位に入った。

 一方、早期金融引き締め懸念からソフトバンクG<9984>が大きく下落し、ファーストリテ<9983>も軟調。エムスリー<2413>、サイバーエージェント<4751>、ベネフィット・ワン<2412>などのグロース株の一角も大きく売られた。また、オミクロン株を巡る不透明感がくすぶり、OLC<4661>やエイチ・アイ・エス<9603>などの旅行・レジャー関連の一角が下落。東証1部の下落率上位にはJMDC<4483>、Sansan<4443>など内需系グロース銘柄が並んだ。


<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »